• 焙煎前のコーヒー豆はスーパーフードだった

    コーヒーはカフェインが脂肪の燃焼を促進するなど、スーパーフードとして取り入れている人も多いです。


    リラックスした時間を楽しみたいだけの人も、現在飲んでいるコーヒーをグリーンコーヒーに変えるだけでより高い効果を得られます。

    グリーンコーヒーとは焙煎する前のコーヒーのことです。

    健康サプリの情報を提供中です。

    焙煎前のコーヒー豆は緑色をしており、加熱された黒いコーヒー豆では損なってしまうクロロゲン酸を多く含んでいます。



    クロロゲン酸は苦味の元で、ポリフェノールの一種です。糖新生を抑制することで糖尿病を防いだり脂肪の蓄積を予防したりできます。


    ポリフェノールを含むスーパーフードはたくさんありますが、グリーンコーヒーは飲むだけなので毎日続けられます。
    食事前にグリーンコーヒーを飲めば食事で摂取した脂質や糖分が脂肪になりにくいため、ダイエットをサポートできます。

    グリーンコーヒーを飲む時は、焙煎前のコーヒー豆をフィルターに小さじ2杯入れ、100mlのお湯を注ぐだけです。
    クロロゲン酸が熱に弱いのでお湯の温度が90℃を超えないようにします。

    コーヒー豆をそのまま食べることもできますが、焙煎したものより風味が劣って固いので、コーヒーにして飲むのが一般的です。

    日本ではあまりスーパーフードとして認知されていないため、一般的な店舗では全て焙煎したコーヒー豆が並んでいることも多いです。

    コーヒー豆を入手できない場合はサプリメントで摂取できるため、インターネットを通販を利用します。