• アマゾン生まれのスーパーフード

    アマゾンが原産のスーパーフードはカムカムです。
    本来はアマゾン河流域で収穫しますが、増水期や減水期に収穫量が減るので、最近は安定供給を目的に畑でも栽培しています。

    健康サプリの情報を探すならこちらです。

    1年中葉っぱが付いている植物ですが、カムカムは定植してから3年が経過しないと収穫できません。

    貴重な果物であり、アマゾン河の増水により木全体が水没しても枯れずに生き残る強さを持ちます。
    増水期に栄養たっぷりの肥料を自然からもらえるので、豊富な栄養素を備えています。

    カムカムは世界で最もビタミンCを含んでおり、カムカム100gと同じ量のビタミンCを摂取するには、アセロラを200gあるいはレモンを6000g食べなければなりません。

    ビタミンCは美白効果が高いですが、エラグ酸も含むことでより高い美容効果を発揮します。
    エラグ酸はポリフェノールの一種で、シミやソバカスの原因であるメラニン色素の生成を阻害します。
    現代人はストレス社会にさらされて病気になる人までいます。



    カムカムはストレスに対抗できるビタミンCや体を作る必須アミノ酸、疲労回復を早めるクエン酸を含んでいるため、現代人が必要とするスーパーフードです。



    味は強い酸味が特徴的で、完熟したものでは生では食べにくいです。このスーパーフードを日本で入手する時はドリンクや錠剤、キャンディに加工したものしかありません。


    酸味の強いカムカムを食べやすくするには甘味料が必須ですが、サプリメントであれば味が気にならないので添加物を避けて摂取できます。